家庭教師を雇う場合の注意点

合っている家庭教師を

家庭教師を選ぶ際のポイント二つ目は、お子さんに合っている家庭教師を選ぶという事です。 どんなに授業料が安くても、指導方法がお子さんと合っておらず、お子さんの学力が全く変わらないという場合も多々あります。 そのような事態になってしまっては何の意味もありませんので、お子さんに合っている家庭教師を選ぶことも、非常に大切だと言えるでしょう。 お子さんに合っている家庭教師を選ぶためには、実際に指導方法を見て、お子さんに意見を聞いてみることが大切です。

家庭教師の企業によっては、お試しで一度授業を体験することが可能な場所もあります。 お試しをして判断をすることが出来る場合は良いのですが、問題は、お試しが出来ないタイプの家庭教師です。 契約を結んでから判断をすることになりますので、当たりハズレがその場にならないとわからないという場合が多いのですが、 グッとこらえて、最低でも一か月様子を見てみるようにしましょう。

通常の家庭教師であれば、一か月あれば、お子さんに何らかの変化が訪れている可能性があります。 学力も特に変わらず、勉強意欲も特に湧いていないという場合であれば、今後も変貌が望めない可能性が高いので 、一つのボーダーラインとしておきましょう。